求人を探して適職を見つけよう【ハピJOB発見隊】

車を利用した求人

夕方になる

タクシーやバスのドライバー

多くの求人の中でもその乗り物に適した運転免許があれば働くことができるものにドライバーの仕事があります。ドライバーといっても、タクシードライバーからバスドライバーとその乗り物は様々です。どの乗り物でドライバーをするにしても、地図の見方や運転技術は必要となります。タクシードライバーの場合は、その土地について詳しいとスムーズに仕事を進めることができます。乗車したお客さんをより短時間で安全に目的地まで運んであげる為にも、渋滞時の抜け道なども知っておくと良いでしょう。タクシーと変わって、一度に多くの人を乗せるのがバスドライバーの仕事です。観光で利用するバスのドライバーをする場合であれば、観光知識も理解しておくと良いでしょう。こうした求人は各会社のホームページに掲載されている他、インターネットの求人サイトや求人誌で見つけることができます。

ドライバーで働く前に

ドライバーの求人を探す時に、運転免許に加えてコミュニケーション力も必要となります。トラックや夜行バスなどの深夜に長距離運転するドライバーの仕事になると体力の有無が問われますが、タクシーなどのお客さんを乗車させる仕事になると対話力も重要です。乗車したお客さんの雰囲気に合わせて会話を変えるのも技術の1つになります。しかしながら、求人を出している会社によって、募集の条件が異なるのでしっかりと確認しておくことが大切です。求人には、給与や雇用形態以外にも、福利厚生について記載されています。給料を重視するのか、休日や福利厚生を重視するのか、ある程度自分で働く上での条件を明確にしておくと良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加